日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(6)
元気系(21)
いやし系(4)
恋愛系(3)
ペット系(56)
レシピ系(1)
自慢系(1)
グチ系(6)
オシゴト系(7)
観察系(1)
旅行系(1)
釣り系(1)
映画系(31)
音楽系(4)
スポーツ系(1)
ゲーム系(1)
ポエマー系(3)
小説系(2)
秘密系(3)
社会派系(18)
不幸系(2)
闘病系(3)
オトナ系(2)
ニコッミミズの...
ニコッいのちと...
ニコッ悠久散歩...
ニコッあるカラ...
ニコッ大切なも...
ニコッ花とスケ...
ハート新芽。
ハート"ボランテ...
ハート花とおし...
ハート今、この...
みなさん...
ニコッ2010年。
ニコッ光と闇と...
ハートマーリー ...
ニコッ礎となる...
ハートその10本足...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 さぁやさんの日記「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと。」
さぁや
さぁやとりあえず系元気系いやし系恋愛系ペット系レシピ系自慢系
グチ系オシゴト系観察系旅行系釣り系映画系音楽系
スポーツ系ゲーム系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系
闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆?才 社会人 専門学校卒 独身 お酒を飲める 喫煙しない 160cm / 黒髪 茶目 白肌
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ, 散歩道, 犬系, 猫系, 爬虫類系
作家QRコード
作家QR
 コード 
気まぐれ日記☆
 
2017年12月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

→最初の日記
→全部で178日記

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと。ハート
かなり前に本屋さんで見つけて立ち読みした時は、
正直びみょ〜って思ってページ半ばで本を閉じたんです。

だからこの映画にも、正直全く期待はしていなくて、
監督が「プラダを着た悪魔」の人だと知り余計に気持ちが萎え、
でも、わんこが出てくるならつまんなくてもいいか、可愛いし。
と、大変失礼な気持ちで借りたのですが、なんていうか本当に、大変失礼致しました。


ストーリーはかいつまむと、結婚した男女が友人の奨めで犬を買うことにし、
そのわんこがちょっととんでもない子なんだけど愛すべき子で、
その子に振り回されたり、どつかれたり、振り回されたりしているうちに
家族っていいよね、愛っていいよね、な感じになるヒューマンドラマの王道な感じの内容なんですが。

なんだろうな、夫婦のセリフの一言一言とか、
笑顔とか、マーリーのいたずらの数々とか、それに”振り回されてあげる”夫婦とか、
子育ての大変さとか、そんな大変さの中にも存在する愛しさとか、
マーリーの子どもを見つめる瞳とか、だけどオムツをくわえて離さない所とか、
ほんのちょっとしたことがなんだか優しくて、幸せで。

気がつくと英語の聞き取り練習をしようとしていたことも忘れて夢中で見入っていました。

よくある「犬」を掲げただけの映画のようにわんこがなおざりにされている訳ではなく、
けれど主題はきっと、もっと深い所にあるんだろうなぁと感じるようないい映画。
子育てや人間関係に疲れた人が見てもホッとできるんじゃないかなぁと思いました。


わんこだけ見てれば、いくつか気になる点はあったんですけどね。
なんでも食べちゃう子なのに対策を何もしていないというか、
食べてはいけないものを食べちゃっても、さほど動じていない所とか。

描かれていなかったけれど、
実際は病院行きになったことも少なからずあったんじゃないかなー。

動物病院で働いていたころもボールやら木の棒やらを飲み込んでしまう子がよく来たので、
ちょっと懐かしく思い出しつつハラハラしながら見ちゃいました。

まぁでも「他人に迷惑はかけちゃダメ」という最低限のマナーは描かれていたし、
何よりマーリ-が心の底から愛されて生きたというのがとても伝わってきたので、それで充分^^


犬とか、人に飼われる動物たちに対して、
多くの人は「人間社会のルール」に沿って生きることを望みますよね。
でも彼らは人間じゃないから、当然、そんなのは分らない。
元々社会性の強い種ではなんとなく飼い主を通じて察して振る舞うことは出来るけど、
それでも、世の中のルールの全てを理解するのは難しい。

私たちがもしも、明日から犬の群れで「犬らしく」暮らしなさいって言われたら、きっと困るよね。

それとおんなじ。

でも、だからといって「犬は犬らしく」「猫は猫らしく」といって
好き勝手に他人に迷惑をかけるような生き方をさせてしまうと、
彼らは嫌われ、悪者になってしまう。

だから、人間である私たち「飼い主」が、きっちりルールやマナーを守ることが大切なんですね。

動物に「ルールを守らせる」のではなく、私たちが「ルールを守る」ことが。


動物は、特に犬は人の子どもによく似ているので
(よく誤解されるけど、私が「動物に似ている」と言う時は100%褒め言葉です^^)、
無理矢理何かをやらされるのは嫌いな子が多いです。
反面、信頼する相手のする相手の言うことは素直に聞けることも多い。

ルールを理解している私たち大人(飼い主)は、
彼らを押さえつけることなく、彼らが社会に馴染めるように、
彼らが「ルールの中で自由に」生きられるように、守ることが大切なのかなぁと思います。

もちろん、それぞれ個性があるし、マニュアルなんてないけどね^^


タイトルでは「世界一お馬鹿な犬」なんてつけられちゃってるけれど、
マーリーは決してお馬鹿な子ではなかったはずです。
きっと楽しむことに貪欲で、感受性が豊かな子だったんじゃないかな。

好みや相性はあるだろうけど、愛すべき子です。
飼い主家族はそれを感じ取って尊重したから、
きっとこんな素敵なお話が生まれたんじゃないかな。

ていうか大型犬だもん。ラブなんて好奇心の固まりだもん。
そりゃソファーくらい壊すでしょ。
あれで馬鹿ならチョビだって結構馬鹿になっちゃうよ。
食い意地はってるし。フタ閉めないとゴミ箱あさるし。
ソファー掘るし。嬉しいとすぐマウンティングするし。

でも他の人に迷惑はかけないから馬鹿じゃない。良い子^^


役者さんの表情も、音楽も、セリフも、風景を照らす光の色も、
そして多分これを撮っている時の監督の目線も、全てに優しさを感じる映画でした。

系統としては、なんだろう・・・寂しさを感じさせない、パッチアダムス?
悲惨さを抜いてもっと身近な画で撮った、ライフ・イズ・ビューティフルかしら。
男前なマーリーの筋骨隆々な体も要チェックです♪



追伸:
病院帰り、調子に乗って映画を6本も借りちゃったので毎日が楽しいです。
トワイライトは意外にもスパイダーマンと同じニオイがしました。
ついでに映像が、というか自然がものすごくきれいでした。
森へ帰りたい症候群を発症しかけました。

いや、別に帰っても構わないんだろうけど、春の森は危険なのよね。
花粉的な意味で。

狼も出てくるみたいだし、ぜひ2も見なくちゃ。


追伸の追伸:
マーリーの感想、超長々と書いちゃったけど、一言で言うならば、

「犬と生きるってこういうこと」^^
   
映画系日記   2010.2.13 Sat
つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています