日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(6)
元気系(21)
いやし系(4)
恋愛系(3)
ペット系(56)
レシピ系(1)
自慢系(1)
グチ系(6)
オシゴト系(7)
観察系(1)
旅行系(1)
釣り系(1)
映画系(31)
音楽系(4)
スポーツ系(1)
ゲーム系(1)
ポエマー系(3)
小説系(2)
秘密系(3)
社会派系(18)
不幸系(2)
闘病系(3)
オトナ系(2)
ニコッミミズの...
ニコッいのちと...
ニコッ悠久散歩...
ニコッあるカラ...
ニコッ大切なも...
ニコッ花とスケ...
ハート新芽。
ハート"ボランテ...
ハート花とおし...
ハート今、この...
みなさん...
ニコッ2010年。
ニコッ光と闇と...
ハートマーリー ...
ニコッ礎となる...
ハートその10本足...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 さぁやさんの社会派系日記
さぁや
さぁやとりあえず系元気系いやし系恋愛系ペット系レシピ系自慢系
グチ系オシゴト系観察系旅行系釣り系映画系音楽系
スポーツ系ゲーム系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系
闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆?才 社会人 専門学校卒 独身 お酒を飲める 喫煙しない 160cm / 黒髪 茶目 白肌
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ, 散歩道, 犬系, 猫系, 爬虫類系
作家QRコード
作家QR
 コード 
気まぐれ日記☆
 
2017年11月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  

→このジャンルの最初の日記
→全部で178日記/社会派系日記が18日記

 次を見る>
あるカラスの言葉。ニコッ
なにかと害獣として嫌われがちなカラスですが、
私にとっては、昔から大切で大好きな動物の一種。

つやつやした黒い羽も、立派なくちばしも、
スッとしているのに意外とつぶらな瞳も、
たまに寝癖みたいになっている頭もだいすきです♪^^

でも、なにより好きなのは、その感情の豊かさ。
正確に、それを感情と呼んでいいのかは分かりませんが、
とにかくカラスは家族愛が深く、その表現も豊かなのです。

それは、とくに彼らの家族に対してよくあらわれますが、
生存が絡まなければ、多種にもけっこう優しいのが彼らのすてきな所。
たまに、気に入らない人間を馬鹿にすることはありますが、
こちらが礼儀と愛を持って話しかければ、大抵、じっと耳を傾けてくれます。

まぁふだんは大抵、あいさつする位で終わっちゃいますが^^

人間も好きで、カラスも好きな私にとって、双方が争うのは悲しいことです。
そこでとあるゴミの日、私は木の枝でゴミ待ちをしていたたらしいカラスに、思い切って尋ねてみました。

「カラスはどうしてゴミを荒らすの?」って。

理由さえ分かれば即なんとなる世の中ではないということは承知ですが、
とりあえず相手に尋ねてみることで、
長年のカラスとゴミ問題の突破口が見つかるかもしれないと思ったのです。
たぶん、カラスにゴミを荒らす理由を聞いたことのある人って、
あんまりいないと思うし^_^;

カラスはじっと私の目を見つめた後、しばらくしてはっきりと言いました。

「そこに資源があるから」

最初、「何それむずかしい」と思ったのですが、
カラスの目を見ているうちに段々分かってきました。

私たちがゴミだと思っているものは、
カラス達にとっては必要な「資源」なのです。
だから、それを利用しているだけなのだと、カラスは教えてくれたのでしょう。
目の前にある資源を、利用して生きる......私たち人間と同じです。

カラスのゴミ荒らしの問題で、
私たちはずっとカラスだけを悪者にしてきました。

だけど、この問題が私たちに教えてくれていた、真実は何でしょうか?

私たちは、まだ利用価値のあるものをゴミとして捨てている。
資源」をゴミとするくらい、私たちは地球の資源を過剰消費している。

それを、カラス達は教えてくれていたのではないかな、と私は感じました。

そこに「資源」がなければ、カラスはゴミを荒らすことはないでしょう。
私たちが必要な分だけいただくように心がければ、
カラス達は別の恩恵を受けとることが出来、きっとそれを選ぶでしょう。

たった2言の会話でしたが、なんだかとても有意義な時間でした^^
いつか、双方にやさしい解決策をみんなで考えて、
大好きなカラスと人間が仲直りできたらいいなぁと思います。

姿形は違っても、私たちはおんなじ、地球に暮らすなかまです。

話しあって、分かちあって、赦しあって生きれたら.......
きっと地球は今よりもっと、楽しい世界になる。

そんな風に思いながら、今日も私は他の誰かと、言葉を交わしあっています♪^^


追伸:
カラスに尋ねる前日に立ち寄ったお寺に、
「御美はお持ち帰りください」という看板がありました。
「御美」と書いて「ゴミ」と読む。

とらえかたは、ひとそれぞれ。
私は、ちょっとステキだなぁと感じた出来事でした♪
   
社会派系日記   2011.6.9 Thu
つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



"ボランティア”。ハート
先日、ちょっぴりご縁があって、母の仕事上の知り合いのお子さんたちと遊んできました。
年齢は2〜3歳と、5歳くらいかな。
生後2ヶ月ほどの弟くんを病院に連れて行くというので、
子ども3人抱えてそれは大変だよねー、ということで一緒に行くことに^^

とてもデリケートなお話なので、こうして書くのにも気を遣うのですが、
元々が子どもに対する虐待の件で悩まれていたお母さんで、
特に上のお子さんは幼少期から常に愛情が足りない状態。
私が「よろしくね〜」と手を差し出すと、
初対面にも関わらずすぐに嬉しそうに手を握ってくれました。
下の子はちょうどイヤイヤ期まっさかりで、初めは何を言っても拒絶でしたが、
お話したり、絵本を読んだり、一緒に遊んでいるうちに、いつの間にか姉妹の間で綱引き状態になっていました^_^;
子どもの順応性、素直さってすごいですね。かわいかったー

お会いしたお母様はとても真面目で責任感が強く優しそうな方でした。
そして、まだ癒えていない心の傷を持っているように感じました。

それでも、ただでさえ大変な子育ての最中において、
虐待を止めるため、しっかりと自分の心の闇と向き合おうとする心の強い方です。
適切なサポートさえあれば、きっと本来の愛情深い母親に戻れる方だと思いました。

お子さんもおんなじ。

病院の中で、静かにしていなくてはいけない場面ではちゃんと小声で喋り、
お姉ちゃんは常に妹ちゃんの面倒を私よりも上手にみていました。
逆に、「子どもなのに気を遣い過ぎる」と感じるくらいのいい子。
それを発散するかのように、遊んでいい場所では二人とも小さな爆弾が破裂したかのように、
跳ね回り、転げ回って遊びました。
私はずっと笑ってみていましたが、その最中、その子達が心の中でずっと私に言っていたのは、
「私をみて。他の誰でもなく私だけを見て」、という言葉(T_T)

いくらいい子でも、まだほんの子ども。
愛情を独り占めしたいのは当たり前なんですよね。
その子達に乞われるまま、私が笑顔で遊びに付き合っていたら、
周りにいた子どもたちが羨ましそうに、一緒に遊びたそうに見ていました。
突然、一人の子が下の妹ちゃんを突き飛ばしました。
慌ててその子のお母様が走りよってきて謝られましたが、
当の妹ちゃんはもうそれどころじゃなく他の遊びに夢中な様子。

その時やっと気がついたんですが、
よくよく周りを見てみれば、他の子たちは走り回って遊んでいい場所ですら、
みんなとてもお行儀よく遊んでいるんですね。
ケンカをしない、ぶつからないように気をつける、といったようなマナー的な行儀の良さではなく、
ただ、その場に座って遊んでいる子を眺めているだけの子がとても多いんです。
もちろん、それでその子が満足なら問題ないのですが、明らかにもっと遊びたそうで……

長い待ち時間に、薬のにおい。注射されたり、お腹をめくられたり。
子どもにとってあんなにストレスになる場所はないんだろうに、
なおかつ私たちは子どもに「大人しくするように」と我慢をさせます。
他の場所でも一緒。一旦火がつくと大変だから、子どもは我慢をさせ続けられます。
そんなだから毎日が戦いで、お父さんもお母さんはどんどん消耗します(T_T)

子ども達が「子どもらしくいていい」場所は、どんどん減っているんじゃないでしょうか。

なんでかな、と考えた時、「大人」が快適でいるためか、と思い当たりました。
でも、実際見渡してみたらどうでしょう。
もちろん幸せな大人もいるかもしれないけれど、
大人になっても相変わらず不自由さを感じている人も多いんじゃないでしょうか。
自由になれると信じて大人になったのに、ルールに縛られ、人の目を気にして、結局不自由なまま過ごしているというか。

他の人の自由を尊重することは、大切なことだと私も思います。
そのために、ある程度のルールはあった方が分かりやすいのかもしれません。

でも、みんなが不自由になるようなルールは、なくてもいいんじゃないのかな?
もしくは、もっとみんなにとって優しいルールに進化させてもいいのかも^^

今、「何か人のためになることを」と行動を起こせる人が増えています。
特に被災地の方への募金やボランティアには、たくさんの人の善意が向けられています。
だから、こんな時だからこそ、私は普通の日常の中に埋もれている、
助けを求める声にもちょっとだけ耳を傾けていただけたらいいな、と思いました。

子育てのしやすい環境、そして、子どもが子どもらしくいられる世界を守るために、
ほんの少し、自分の自由を譲り合うこと。
子どもにひたすら我慢をさせるのではなく、大人が少し、我慢を覚えること。
それだって立派なボランティアです。
もちろん、子どもや子持ちのご家族に対してだけでなく、
お年寄りだったり、体の不自由な方だったり、寂しさを持て余している方だったり、動物だったり、植物だったり.......
ほんの少しのボランティアが必要ないのちはそこら中にいると思います。というかいます。

もちろん、まずは自分を元気にすることが一番大切、なんですけどね^^

でも、少しだけ心に余裕ができたなら、
どうかほんの少しだけ、そちらにも目を向けて頂けたらいいなと思います。
きっと、それぞれ一番得意な分野で、自分を活かせる場面があると思います。
そうして元気な人がどんどん増えて、老若男女、心に余裕を持てる人が増えたなら、
きっと、被災地の方への支援だってもっともっとパワーを増せるはず!

長期的な支援が必要な今だからこそ、
自分を大切に、そして、自分の周りのいのちを大切に☆

ちょっぴりACのCMみたいになっててアレですが……(^^;

病院でお母様を待つ間、ずいぶん時間がかかったので二人とも不安になったと思うのですが、こんなやり取りがあったんです。

「お母さん、私たちのこと置いて行ったのかもしれないね」
私はすぐに「そんなはずないよー。置いていくはずないから大丈夫」って言ったのですが、
二人は「大丈夫だよ。私、置いて行かれても帰り道わかるから」って。

ほんの5歳ほどの子どもがそんなこという世界って、私は悲しいです。
だって,子どもって未来の象徴なのに。
諦め悟った子どもで満たされた未来は、果たして楽しい世界でしょうか。

……もしも、この話を読んで「自分はもっと大変だった」と思った方がいたら、
どうかまず、ご自身を癒してあげてくださいね。
それは、自分の心からの「寂しい、悲しい」のサインです。
どうかご自身にたくさん優しい言葉をかけてあげてください。
自分の心が喜ぶことを、たくさんしてあげてください。

まずは、自分で自分を元気することから.....☆

簡単なようで難しいですが、
それが、私たち大人が今、世界のためにできる、最大のボランティアじゃないかなと思います。

だってね、みんなが自分で自分を幸せにできたなら、
そこはもう自動的に、とても幸せな世界になるんですから♪^^

*********
相変わらず長いので、読めない人用の3行まとめ。

子どもらしく、大人らしく、人間らしく、自分らしく、
自分に優しく、人に優しく、いのちに優しく、地球にやさしく、
たくさんのいのちの笑顔あふれる、そんな世界が私は嬉しい *^^*
   
社会派系日記   2011.4.7 Thu
つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり ...つながり ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水
ブルガリ プールオム オードトワレ EDT 100mL 香水 ()
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
1
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



☆町有地占拠して犬60匹、保健所に処分依頼 ☆
夏も終盤のこの季節、
まだまだ蒸し暑い日々が続いておりますが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?


春の花粉で(誇張じゃなく)死にかけてからというもの、
アレルギーは順調に増え続け、ベッドとお友達な日が多くなり、
両親から外出禁止令(むしろ動くなと)まで出される始末でしたので
ここ数ヶ月は大人しく療養生活を送っておりました。

おかげ様でムキムキだった背中の筋肉はすっかり落ち、
大層女らしい体を手に入れた私ですが、
無くしてみればムキムキな己も良かったかもしれないと、
少々物寂しい気持ちを覚える今日この頃です。


とまぁ、しょうもない近況はこんなもんにして、本題です。
ちょっと前の記事だけど、どうしても気になっちゃったので・・・




☆町有地占拠して犬60匹、保健所に処分依頼

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090821-OYT1T00005.htm?from=main3


元記事が消えちゃった時のために経緯をものすごくはしょって要約すると、
無責任な人が60匹の犬の面倒をみきれなくなったから
処分して〜って保健所に依頼して、
それを不当と思った愛護団体が中心となって
今現在、ワンコ達の貰い手探しているとこですよ〜。って記事。


もうね、色々言いたいことはあるんだけどさ、
とりあえずいい加減、犬猫の多頭飼いに対して上限設けるとか、
何頭以上の飼育には税金かけるとか、したらどうですか?

多頭飼育崩壊にも悪徳ブリーダーにも歯止めをかけられて
一石二鳥だと思うんだけどなー。
飼い主ライセンスよりもよほど公益性&効果も高いと思うし。
天下り機関になるおそれも少ないだろうし。

もちろん、施行当初は捨てるお馬鹿さんが出てくるだろうから
受け皿が必要だし、何頭以上を対象にするかでの議論もあると思う。
そもそも品種や飼育する敷地の広さ、
世話人の数によっても適切な数ってかわってくるから、
けっこう難しい問題だとも思う。

でも長期的にみたら、わりと有効な案だと思うんだけどな。
ていうか、犬と猫には必要でしょ、法律での飼育頭数制限。

だってさ、今までいったい、どれだけの多頭飼育崩壊が起こったことか。

今回の子達も長い間体に合わない檻に押し込められていたり、
ミイラ化した死体の中に暮らしていたり、とそれは酷い状況だったみたいだけど。
どれも飼育能力を超えて飼育すれば起こりうることだって
簡単に予想出来ることなのに、それを事前に食い止められない時点で
人間様の能力なんてたかがしれてるわ、って思うわ。
つーかホントいい加減にしろ。

とりあえず、度を超えた多頭飼育にお金がかかるようになれば、
安易な素人繁殖も減るわよね、きっと。
ブリーダーは好きでその業界に足突っ込んでる訳だから異論はないと思うし。
異論があるなら、いい加減動物業界で自浄して下さいって話だし。


とはいってもいきなりの施行だと混乱が起きると思うので、
例えば、向こう10年〜15年を猶予期間として、
その家庭で無理のない範囲と認定されれば今まで通り飼育できるなど、
今いる子達については概ねの配慮がなされるようにすればどうでしょう。
それなら、捨てられた動物を常識の範囲内で保護している人たちが
路頭に迷う事もないよね。

まぁ私としては、終わりのない保護にお金と労力使うくらいなら
すっぱり税金とってもらった方が胃痛も減っていいんですけどね。
不当に辛い環境にいる動物達が一匹でも減るのなら
年間数万でも安いもんだよホント。



・・・体調悪化してからは、
ストレスになるからなるべくみないようにしてたんだけど、
(というか起き上がれなくてPC見られない日々が長かったんだけど)
これは結構近所のお話だったから、
気になってどうしても一言申したくなっちゃいました。

もう、動物を捨てたり痛めつけたりしている人は
みんな頬肉の同じ場所を噛み続ける呪いにかかったらいいよ



この子たちに限らないけど、今、悲しい想いをしている子達みーんなが、
今度こそ温かい家族に巡り会えるといいな

人間と暮らすことを義務づけられている犬猫たちが
人間のせいで苦しくて辛い思いをしなくても済む世の中が
一日でも早くきて欲しいと切に願います。


☆引き取り希望の方は以下に連絡☆

例のごとく、大変な境遇にいた子たちなので
懐きにくかったり、攻撃性が高かったり、
病気を抱えていたりするかもしれません。
でも、それを乗り越えて「家族」になれた時の喜びは
とても大きいものだと思います。

なにより、この子たちは温かく迎え入れてくれる家族
必要としています。


現在、引き取り手を探している犬は59匹。
問い合わせは、加藤代表(090・2432・1852)
金木代表(090・9143・3149)へ。

生涯、家族として大切にして下さるという方、
もしいらっしゃくましたら、どうぞよろしくお願い致します。
   
社会派系日記   2009.8.24 Mon
つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A]
Apple iPod nano 4GBホワイト [MA005J/A] ()
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



八王子でのチワワ遺棄の話。ムカッ
東京都八王子市で、首輪をつけていない15匹のチワワが捨てられていた、
と今日のニュースでやっていた。

幸い発見が早かったため、特に衰弱した様子もなく
現在は愛護センターに保護されており、
今後は健康状態や性格に問題のない犬達は譲渡対象になるそうだ。


なんていうか...ね。


もうさ、国もいい加減に動物取扱業者の「マトモな」規制始めたら?
数年前のヘボイ改正の時みたいに、どっかの団体様の圧力に屈したりしないでさ。

お金儲けしたい人達にペット業界が目を付けられちゃったおかげで
これだけ悲惨な現状になっちゃった訳だけど、
正直あの方達の懐が潤っても日本の経済にはいいことないんだから
しっかり規制する所は規制して、
1円でも殺処分費用減らした方が利口でしょ。
それとも個人的に献金もらってる政治家がそんなに多いのかしら?


ま、いいや。際どい話題はこの位にして本題。


この手のニュースが報道される時、
ひとつの大きなリスクを伴うことがある。

それは、ニュースを見た責任感のない飼い主が、
「自分の犬/猫も、捨てても誰か拾ってくれるかも」
と浅はかな期待を抱き、
動物を捨ててしまうかもしれないこと...

まさか、と思う人もいるかもしれないけれど、
実際、保健所へ連れて行かずに動物を遺棄する人間のほとんどは、
直接自分が手を下したという良心の呵責から逃れたいために
「誰か良い人に拾われるチャンスを作ってあげよう」とか、
「野に放して自由にしてあげよう」などと自分勝手な正義感のもとに捨てていたりする。

最も実際に助かる子の数はそれ程多くなく、
多くは苦痛のまま餓死するか凍死するか熱死するか、
カラスなどに生きたまま食べられるか、
散々苦しんだ後拾われて保健所で処分されるか...
という道をたどることが多い。

最近は拾う→里親を探すという方法がメジャーになってきたから、
昔よりは助かる子も多いかもしれないけどね〜
それでも、救済コースから一歩でもはずれた子は即、
地獄のフルコースを味わって死ななければならないことには変わりない。

ちなみに上であげた例は7割が私が自分の目で見たことで、
3割が人から聞いた話なのでフィクションではありません。



今回、何の意図かは不明だけれど、
テレビ局などのマスコミはこの件を一斉に報道した。

はっきりいってこれと似たケースは随分前から大阪等でも頻発しているし、
「犬や猫を捨てにくる公園」として市が認識をしているために、
仮住まいとしての飼育小屋まで立っている所まである程、
「お金儲け主義のブリーダーもどき」が動物を捨てるケースは増えている。


今回の報道は、うまくいけば
それらの腐った動物取扱業者たちに牽制を与えられるかもしれない。


けれどそれには、少なくとも、
この15匹のチワワを捨てたオーナーの逮捕・起訴の報道が必須。
できれば罰金刑まで報道できれば、
ブリーダーもどきだけでなく、
一般飼い主への啓蒙にも繋がるのでなお良い。


せっかくショボイながらも法改正され、
数々の虐待事件への世間の反響のおかげで
ようやく警察も動物愛護法違反者に対しても
厳しい目で臨んでくれるようになったのだから、
自分の責任を果たさずに動物を捨てたら、
逮捕・起訴されるのだと世間に思い知らせてやればいい。


マスコミも私達も、間違っても今回のニュースを
「捨てられた可哀想な犬達がいたけど、
報道によって救われました。ヨカッタね!」な軽い感動話で終わらせちゃダメだよね。


今回のケースは、「崖っぷち犬」の時とは事情が違う。
責任を果たすべき人間がそれを不法に放棄した結果がニュースになっちゃった訳だからね。


所有動物の遺棄で50万以下、狂犬病予防法違反で確か10万以下、
取扱業の届け出義務を怠っていれば30万以下の罰金と、
きちんと法律で罰則まで定められているのだから、
「動物を捨てること」はまぎれもない犯罪。
例え相手が知り合いだとしても、その行為を許してはいけないと私は思う。


いっぺんに15匹もの小型犬がいなくなったんだから、
鳴き声やニオイも大分かわったことでしょうし、
東京とはいえど近所ではささいな変化に気付く動物好きがいるかもしれませんよね。

動物病院は通ってなかったかもしれないけれど、
販売ルートを辿っていけばなにか分かるかもしれませんよね。

純血種だから似てる顔形とか探して行けば、
大まかなラインくらいは判明するかもしれませんよね。

そもそも取扱業登録していた可能性があるなら、
その名簿から当たっていけば良い訳ですよね。


犯人が八王子在住じゃない可能性もあることがネックだけれど。




似たような犯罪をこれ以上防ぐためにも、
警察の真摯な捜査と、マスコミの逮捕報道を心より願っています。

この件に関してなにか有力な情報持っている人がいたら、
お手数ですがぜひ警察に教えてあげてくださいね。
その情報のおかげで救われる動物たちの数は、
結構多いと思うので。


とりあえず、動物を捨てている人たち全員、
急いでいる時に限って足がしびれて動けなくなる呪いにかかりますように。
よし。
地味に嫌な呪い返しがこないうちに、今夜は寝よう。
チョビたちももう寝言いうくらい熟睡してるし^^

おやすみなさい。
   
社会派系日記   2008.10.23 Thu
つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
えいご日記  Amazon.co.jp特別企画商品
えいご日記 Amazon.co.jp特別企画商品 (PC ソフトウェア)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



みんなおんなじ、尊い命。ニコッ
人間と、人間以外の動物の命は『平等ではない』、という人達がいます。


確かに、私達の生きる『人間社会』という狭い枠の中でそれらを比べた時、私達人間の命と人間以外の動物の命は、『平等ではない』のかもしれません。

なぜなら、人間社会という仕組みの中で、人間が最優先されるのは当然のことであり、また、そうでなければきっと人間社会は、社会として成り立たないんじゃないか、って思うから。


だけど、例えば『人間』の命と『人間以外の動物』の命を、
なんのしがらみのない、一つの『命』として考えた時。。



私達人間の命も、人間以外の動物の命も。また、植物や昆虫の命も。。


きっと、みんなおんなじ。


この世に存在する、たった一つの『大切な命』に、かわりがないんじゃないのかなぁ、と思います。


自分と種族が違うから、その命の価値が軽いなんてことはない。

体がとても小さいから、その命の価値が軽いなんてことはない。
見た目が自分にとって醜いから、その命の価値が軽いなんてことはない。


。。この世に生きる全ての命は、決して、自分達の命よりも軽いなんてことはない。。


風に吹かれる木々の力強さも、庭先にやってくる鳥達の愛らしさも。
地面の中に生きるたくさんの虫達も、川や海で暮らす魚達の毎日も。


みんな、守られなくてはならない大切な、命の営み。


『なぁに、それ?』って思った人は、
暖かい晴れの日、冷たい雨のふる日、まずは外に出て周りを見渡してみて下さい。

昔よりも汚されて、元気がなくなってしまったけれど、
それでもきっと、外ではたくさんの命の存在を感じることができるから。

学校で教えてもらわなくても、わざわざたくさんの本を読まなくても、体中で、地球に息づく『大切な命達の存在』を感じる事ができるから。



私達は、どんなに頑張っても、他の命を奪うことをしないでは生きていけません。


肉として食べさせてもらう、動物達の命。
野菜や果物としてたべさせてもらう、植物達の命。
皮などの装飾品や、日用品として利用させてもらう、動物や植物達の命。

そして、私達の生活からでた廃棄物の犠牲になって死んでいく、多くの生き物の命。



『食べる事を許されているから、利用する事を許されているから、私達と他の生き物の命は平等ではないんだよ』という大人もいます。


でもね、


じゃあ一体、誰が私達に『命』を奪うことを許してくれているんでしょうか?



小さな頃、私自身が大人達に問いかけたこの問いに、大人になった私は答えることができません。



命はみんな、おんなじだけ大切で、尊いもの。



私はそれを理解して、毎日生かしてもらっていることに感謝して生きたいなぁと思っています。
そして、自分が生きるために奪う、他の生き物達の命の犠牲はできるだけ少なくしていきたいと思っています。


犬や猫の殺処分も、無計画な繁殖の結果産まれた子や、輸入した外来種を持て余して捨てることも、動物虐待も、日本での毛皮利用も、温暖化で死にゆく動物達も、住処を追われて駆除される動物達も。。


全部、なくそうと思えばなくせる犠牲です。



私達がほんの少し、彼らの命の尊さに想いを馳せて、ほんの少し、便利な暮らしを我慢すれば。

ほんの少し、自分の周りの命以外にも目を向けて、ほんの少しだけ、助け合えたら。。

殺されなくても済むかもしれない命達が、今の日本には、世界には、たくさんいます。



私達が生き物である限り、全ての命と手を繋いで、
みんな笑顔で暮らしていくことは不可能なことかもしれません。


でも、出来るだけ多くの命と手を繋ぐ事なら、きっとできるはず。



地球の上に暮らす大切な命達の存在を感じながら、みんな笑顔で暮らせる世の中に。。


ちょっとずつでも、近づけたらいいな。。☆
みんなおんなじ、尊い命。
   
社会派系日記   2007.4.27 Fri
つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】
ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト【メーカー生産終了】 (ゲームソフト)
   コメント 
  

   トラックバック 
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



崖っぷちワンコで思うこと2。オーイ
『崖っぷちワンコ』として大々的に報道され、
無事に里親さんが決まり『リンリン』ちゃんと名付けられたあのワンコ。

報道後、109組の里親希望者が殺到し、
最終的に11組の家族が譲渡会に抽選に来たらしい。

一方、一緒の日に譲渡会に出された姉妹と見られるワンコの里親希望者はゼロ。
なんだかな~な結果には本当にガッカリなんだけど、
ここ数日でその姉妹犬の方にまた新しい動きが。。

なんか『里親希望者ゼロ』を知った人たちから、
今度は姉妹犬を引き取りたいと言う電話がセンターに殺到しているらしいのね。。
その数、実に100件近くだとか。。



。喜ばしいことだと思いますよ。
姉妹犬がそんなにたくさんの人に”本当に”想われてるならね。。。

でも。。やっぱりなんか違うと思った。。

リンリンちゃんがダメなら姉妹犬?
相手は生き物だもん、そんな簡単な問題じゃないでしょう。。?

確かに、2人はテレビや新聞に写真が出たりして、
ビジュアル的に分かりやすく、親しみが湧きやすかったのかもしれない。。
でも、私は里親希望をだした人一人一人に聞いてみたい。

どうして、リンリンちゃんや、姉妹犬のワンコと暮らしたいと思ったの?
どこに魅力を感じて、彼らを家族に迎え入れようと思ったの?って。

最近では愛護センターでも里親募集犬猫の写真を出している所もあるし、
里親募集サイトなんか見れば、愛情いっぱいの家族を今まさに必要としている子たちがたーくさん並んでるから、
自分の家庭環境や性格の好みにあった子を本気で探そうと思えば、いくらでも探せるようになってる。

それをした上で、『リンリンちゃんがいい』、『姉妹犬がいい』っていうなら、なにも文句はない。。

でもたまたまテレビに映った『可哀想な子』を助けたいっていうだけなら、それはやっぱり違うと思う。

そもそも、最初にリンリンちゃんに里親希望を出して、抽選に来なかった残りの98組の人達。。
そんなに生半可な気持ちで『リンリンちゃん欲しい』と思っていたの?って感じちゃったよ。。

そりゃーね、あれだけ里親希望殺到してるって聞けば
『じゃあ私じゃなくてもいいか』って思ったのかもしれないけど。



。。。別にね、『リンリンちゃんの代わりに、他の愛護センターにいる子たちを助けてあげて』
って言いたいんじゃないんだよ。
ただちゃんと、その子とこの先15年以上暮らしていけるのかどうか、冷静に考えてみて欲しいだけ。。


リンリンちゃんに限らず、全ての動物達と暮らし始める前に、ね。

動物だって、性格は十人十色。
動物と人のライフスタイルの相違や、家庭環境の急激な変化など、
何かしらの原因で、お互いの生活に歪みが生じることもある。

そんな時、自分は動物に歩み寄れるのか。

歩み寄れない場合、少なからず問題行動を起こす動物達に寛容に接せられるのか、
迷惑をかけたご近所の方にきちんと頭を下げられるのか。。
そういうことも含めて、ちゃんと、考えて欲しいんだ。


姿形は私たちと違っても、相手は一つの命をもった存在。
思い通りにいく命なんて、この世に一つだってない。


命を受け入れるということは、たくさんの喜びと幸せを教えてくれるけれど、
それには当然重い責任が伴ってくる。

終生飼養。

動物を愛している人にとっては、責任なんて重い言葉を使わなくても、
至極当たり前のことなんだけどね。。


残念ながら、そんな簡単な(でも非常に重大な)責任すら果たせない飼い主が、今の日本にはとても多すぎる。。


『可哀想な子を助けたい』という想いは、とても尊いものなのかもしれない。
でも、どんな境遇の子であろうと自分で望んで新しい命を家族に迎え入れたなら、
どうかその命に生きる自信をもたせてあげて欲しい。


『あなたは要らない子だったから私が助けたんだよ』じゃなく、
『あなたに傍に居て欲しいと思ったからうちに来てもらったんだよ』
と話しかけてあげられる人になって欲しい。


そうしたらきっと、お互いに幸せいっぱいの家族になれると思うんだ。
飼い主さんも動物も、心から幸せ笑顔で笑えると思う。。


今回、せっかくセンターの中にいる子達に世間の目が向いたのに、
マスコミは相変わらずリンリンちゃんのその後を追うばかり。。



その裏で、人知れず命を絶たれる子達の叫びを、
動物と暮らす全ての飼い主さんの心に届けられればいいのにと。。


強く思った。
   
社会派系日記   2007.2.3 Sat
つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0



野鳥密猟。ナヌッ
昨日の朝日新聞に、野鳥密猟の記事が載っていた。

鳥インフルエンザの流行を受け2004年から野鳥の輸入規制が強まったのが影響して、カスミ網等を使用した密猟が一気に増えた、という記事なんだけど。

野鳥の輸入数は半減、ある種の野鳥に関してはほぼストップするという現状の一方で、密猟者の検挙数はここ5年程で約3倍程に増えているらしく。。
それをまとめた表を見ると、輸入数の減少にピッタリ合わせるように、見事に対極的に検挙数が増えていて、あまりにあからさまな密猟者のやり方に、なんだか怒りを通り越して笑ってしまった。


野鳥に限らず、密猟者の目的は、ほぼ『お金』だといって間違いないと思う。
そして何故密猟が『お金』になるのかといえば、『買う人』がいるからに他ならない。。


私は動物好きをわりと公言してるので、『自分も動物好きです!』という方から時々メールを頂くんですが(親ばかメールをもらうと勝手にヒートアップします。笑)、話していくうちにこの人って『動物が好き』というより『ステータスになるから動物が好き』とか、『動物の飼育ができる優しい自分が自慢』っていう人なんじゃないのかなあと思う方がたまにいるのね。

別にそれは自体悪いことだとは思わないけど、こういう人達って少しだけ、密猟鳥を買っちゃうような人達と被るトコがあるんじゃないかなぁ。。と思って。。

話をしていて、少し悲しかった。


世界の他の国の人は知らないけれど、日本の人は『希少』、『限定』、『流行』っていう言葉にとても弱い人達が多いよね。
もちろんそうじゃない人もたくさんいるけど、別に欲しくなくても『希少』、『流行ってる』っていうだけでなんとなく商品を買っちゃう人いるのも事実だと思う。

ペット業界でもそれは顕著に当てはまっていて、トイプーやダックスの人気カラーは高値で入荷待ち、その他のカラーは安値で取引なんていうのはよくある話だし、繁殖の段階でたまたま生まれた珍しいカラーや、規格サイズより小さい生き物を『希少』として売り出す場合だってある。。
生物としてはとても不完全で危うい中で生きてるような子だってなかにはいるのに、そういう子が『希少』というだけで人気に火がつき、売れると気づいた悪質業者が無理な繁殖を繰り返したり。。
悲しいけれど、ペット業界にいるのは決して『動物が好き』な人達ばかりじゃなく、むしろ『動物のことなんか何も知らないけど儲かるから』と参入してくるような人達がわんさかいたんだよね。。

私が行っていた専門学校の校長職に就いていた人も、正直そんな類いの人間でした。
ペットショップで売られる動物達は、『一つの命』ではなくあくまで『商品』だと授業で言っていた時はあいた口が塞がらなかった。
思わず授業の感想を書く紙に、びっしり1200文字位でそのことについて書いたもん。

幸い、その人は1年で校長職を退けられたので、2年目からは少し改心したみたいだったけれど。

話がそれちゃったけど、今回、野鳥が密猟者の金儲けの道具としてターゲットにされたのも、そんなペット業界の背景があるからだと思う。
鳥の場合、犬猫の販売は許されていないヤフーですら生体オークションが可能な状態なので、販売ルートも確保しやすいんだろうし。。

。。今朝の朝日新聞の同記事には、一枚の写真が添えられていた。
カスミ網に捕われて動けなくなった、ツグミの写真。

本当に鳥好きの人がこれをみたら、どう思うだろう?
。。きっと。。密猟者から購入しようなんて、思わないと思う。
そして消費者が買わなくなれば、密猟者も減っていく。。


売れなきゃ興味を失う、希少じゃなきゃ興味を失う。
たった一つの大切な命に対して、人間達は一体何様なんだろう。

。。割と大きな枠で取り上げられていたこの野鳥密猟の記事。。

どうか多くの人の目と心に留まっていますように。
   
社会派系日記   2007.1.10 Wed
つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
   コメント 
01/10 14:59そうなんですか!じゃあ、今からミルクを買ってきます(*´∀`人)他の2匹はとっても元気になりました♪これからもよろしくお願いします! なみか
  

   トラックバック 
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0
 次を見る>


[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています