日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(6)
元気系(21)
いやし系(4)
恋愛系(3)
ペット系(56)
レシピ系(1)
自慢系(1)
グチ系(6)
オシゴト系(7)
観察系(1)
旅行系(1)
釣り系(1)
映画系(31)
音楽系(4)
スポーツ系(1)
ゲーム系(1)
ポエマー系(3)
小説系(2)
秘密系(3)
社会派系(18)
不幸系(2)
闘病系(3)
オトナ系(2)
ニコッミミズの...
ニコッいのちと...
ニコッ悠久散歩...
ニコッあるカラ...
ニコッ大切なも...
ニコッ花とスケ...
ハート新芽。
ハート"ボランテ...
ハート花とおし...
ハート今、この...
みなさん...
ニコッ2010年。
ニコッ光と闇と...
ハートマーリー ...
ニコッ礎となる...
ハートその10本足...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 さぁやさんの日記「小さなキミがいた日。」
さぁや
さぁやとりあえず系元気系いやし系恋愛系ペット系レシピ系自慢系
グチ系オシゴト系観察系旅行系釣り系映画系音楽系
スポーツ系ゲーム系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系
闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆?才 社会人 専門学校卒 独身 お酒を飲める 喫煙しない 160cm / 黒髪 茶目 白肌
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ, 散歩道, 犬系, 猫系, 爬虫類系
作家QRコード
作家QR
 コード 
気まぐれ日記☆
 
2018年11月
    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

→最初の日記
→全部で178日記

小さなキミがいた日。クスン
ある日、キミはうちにきた。
小さくて、頼りなくて、すぐに壊れてしまいそうな程痩せた子猫。

目は目やにだらけ。
お尻はウンチがついてびちゃびちゃ。
だけど少し生意気そうにとんがった鼻と、ふわふわの後ろ姿がとても可愛い。

近づいて、怖がらせてしまうんじゃないかってドキドキしながらそっと近づいて、恐る恐る鼻をくっつけて挨拶したら、可愛く笑って『にゃぁ』と答えてくれたもんだから、僕は嬉しくてたまらなくて。

それからはもう、お散歩もごはんもそっちのけで子育てに励む日々。
昼間は姉ちゃんが職場に連れて行ってしまうから、夜、家にいる間は眠くてもできるだけキミの傍にいた。
大好きなフカフカのぬいぐるみだってあげた。
眠る時、キミが寒くないように。独りじゃないって思えるように。

お父さんもお母さんも、『チョビはオスなのにそんなに世話を焼いておかしいね』って笑ってたけど、それでも僕はキミのことを見守りたかった。
オシッコやウンチの世話だってしたし、寂しいと泣けばどこにいても飛んでかけつけた。

だってなかなか大きくならないキミのことが心配だったんだ。
ミルクをたくさん飲んでも、キミはずっとガリガリのままで。

だけど見た目は弱々しいクセに、入れられた段ボールから出てきては僕のオナカに顔を埋めたり、小さな爪で僕の鼻をひっかいてみたり。。
とてもゆっくりだけど、キミはやんちゃに育ってくれてたね。

本当に可愛らしいキミとの生活はすごく楽しくて、僕はいつまでもこんな日が続けばいいと思ってた。

きっとそのうちキミは誰かにもらわれていってしまうんだろうけど。
キミは僕の大切な友達だから、その時は笑って送り出すけれど。

お別れを言わなきゃいけないその時まで、僕が傍で見守るから。
目やにがとれて綺麗になった大きな瞳をみて、僕はそう思ったんだ。



僕とキミのお別れの日は、それからすぐにやってきた。



姉ちゃんが仕事から帰ってきて、僕はいつものようにキミにお帰りって言いに行ったよね。
いそいそと笑顔で段ボールを覗き込んだ僕の目にうつったのは、ぐったりとしたキミの姿。

どうして?どうして?
今朝はあんなに元気だったじゃないか。
おはようの挨拶をして、ミルクだらけの顔をきれいに舐めて、それから少し遊んでキミを送り出したのに。。!

首を傾げる僕の横で、姉ちゃんはただ泣いてた。
僕は訳が分からなかった。


数時間後、キミはそっと眠りについた。
とても安らかな表情。だけど永い眠りにつくには幼すぎた。

鼻先で触れると、だんだんと冷たくなっていくキミを感じた。
もう僕が舐めても答えてくれないんだね。
僕のオナカに顔を埋める事も、鼻を小さな爪で引っ掻く事もないんだ。

いつもと違うキミのニオイを感じて、僕はベットの下にもぐって泣いた。

悲しくて、哀しくて、僕はまだキミをあきらめられないけれど。

小さなキミがいた日、とても温かくて幸せだったよ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この2週間、チョビと一緒にいた子猫のお話。

この子は本当に可哀想な子だった。
うちの病院に持ち込まれた捨て猫で、体はとても弱かったけど、一応里親さんも決まって一安心してたのに。。
こんなに急変してなくなっちゃったのは、里親さんが決まってからも健康チェックすらしようとしない院長と、全く世話をしようとしない看護士と、自分の仕事をほっぽってでも他の病院へ連れて行く事ができなかった私のせいだって私は思ってる。
死ぬ事は防げなくても、最前を尽くしてあげたかった。

確かに動物病院だからって捨てられた子を連れてこられたって困るっていうのは分かるよ。
無責任に『よろしく』って言われると、ふざけんなって思う気持ちもよく分かるよ。
だけど仮にも自分で受け入れた子猫を、どうして見殺しにできたんだろう。
どうして死ぬ寸前まで一度も触れることさえしなかったんだろう。

小さな命をいたわって、思いやって、優しく見守って。。チョビたちにできる事が、どうして私たち人間にはできないんだろうね。
お金も利益も関係なく、ただ愛するってそんなに難しいことなのかな。。

2006.9.12午前0時、小さな命がそっと旅立った日。。
小さなキミがいた日。
   
ペット系日記   2006.9.12 Tue
つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています